東京タワー メインデッキ「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA ~ White Night Story ~」 | NAKED Inc. | 株式会社ネイキッド

  • HOME
  • WORKS
  • 東京タワー メインデッキ「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA ~ White Night Story ~」
2018.10.27

東京タワー メインデッキ「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA ~ White Night Story ~」

東京タワー メインデッキ「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA ~ White Night Story ~」
東京タワー メインデッキ(旧大展望台)2階フロアで11月2日(金)~2019年2月3日(日)まで開催する、冬の夜景体験イベント「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA(シティライトファンタジア) ~White Night Story~」の企画・演出をネイキッドが行いました。

冬時期に東京タワーでコラボ企画5回目の開催となる今年は、冬の夜景に飛び交う氷の蝶が次々と東京の街を凍りつかせ、煌びやかな氷の世界を作り上げていく世界 “White Night Story” がテーマ。

メインデッキ2階の窓面と床面(北面及び東面の1部)を、プロジェクションマッピングと音楽の演出によって煌びやかな氷の世界に変化させます。

空間にはスノーマシーンによって雪が舞い降り、光の反射によって雪がキラキラと輝く演出を行うことで、“White Night Story”の作品世界の中にさらに入り込む体験が楽しめる、没入型(イマーシブ)イルミネーション(※)となっています。

※ネイキッドの考える没入型(イマーシブ) イルミネーションとは、物語に入っていくかのような体験が出来る新しいスタイルのイルミネーションを意味します。

また今年は東京タワー開業60周年を記念し、毎日18:30〜22:00まで30分ごとに、東京タワー開業60周年記念ソングに決定した野宮真貴さんの新録「東京は夜の7時」(オリジナル曲:ピチカート・ファイヴ、1993年リリース)と連動した特別演出として、プロジェクションマッピングでPOPな楽曲の世界観を空間に表現します。

さらにBGMとなる「東京は夜の7時」にあわせて歌詞が登場するなど、“White Night Story”と合わせて2種類のマッピングショーを楽しめます。

<開催概要>
イベント名:「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA ~ White Night Story ~」
※通算で11回目の開催(冬シーズンは今回で5回目)
※映像投映は室内(メインデッキ内)のため、雨天・荒天でも実施
期間:2018年11月2日(金)~2019年2月3日(日)の毎日
場所:東京タワー メインデッキ(旧大展望台)2階フロア
時間:毎日18:00~22:50 ※時間中は連続投映
※開業60周年記念ソング「東京は夜の7時」とのコラボマッピング投映時間
18:30、19:00、19:30、20:00、20:30、21:00、21:30、22:00(1日8回、約2分間)
料金:メインデッキまでの展望料金だけでお楽しみいただけます。
制作協力:NAKED Inc.、ユニバーサルミュージック
主催:東京タワー

NAKED Inc. スタッフクレジット>


ディレクター:平井健志朗、武藤なつみ
CGデザイナー:茶畑孝徳、風間 由鶴未
テクニカルディレクター:柴田拓也