ウポポイナイトミュージアム|体験型アート演出・制作 | NAKED, INC. | 株式会社ネイキッド

  • HOME
  • WORKS
  • ORDER
  • ウポポイナイトミュージアム|体験型アート演出・制作
2023.10.31

ウポポイナイトミュージアム|体験型アート演出・制作

ウポポイナイトミュージアム|体験型アート演出・制作

国立アイヌ民族博物館(北海道白老町)にて、2023年12月23日(土)~2024年2月18日(日)の期間開催する、国立アイヌ民族博物館第5回テーマ展示「ウポポイナイトミュージアム」にて、体験型アートの演出・制作を手がけています。



体験型アートを通して、アイヌ文化を楽しく学べる機会に

「ウポポイナイトミュージアム (A Night at the National Ainu Museum) 」は、いつもとは違う夜の世界をイメージした博物館を舞台に、ネイキッドの体験型アートなどを通して、アイヌの文化と言葉に触れ、楽しく学べる期間限定イベントです。

ネイキッドが得意とするデジタル技術を駆使した体験型アートと、アイヌ語も登場する札幌発の人気の絵本「おばけのマール」の世界が融合。『おばけのマールとすてきなことば』がプロジェクションマッピングで動き出し、絵本の世界へ旅するような没入体験や、来場者が映像に触れることで変化するインタラクティブアートで、絵本に登場するアイヌ語やアイヌ文化を楽しく学べる構成となっています。

シリーズ15周年を記念した10作品目となる『おばけのマールとすてきなことば』は、多言語版の『Marl the Ghost and Some Beautiful Words』とともに2020年4月24日に発売。国立アイヌ民族博物館の職員の方々も制作協力した、ウポポイ(民族共生象徴空間)が舞台の作品です。

本作の他言語版に合わせ、今回の展示も日本語のみならず、英語・中国語・韓国語も選択可能。北海道観光に来たインバウンドの方々にもアイヌ文化について楽しく学んでいただくことができます。

「ウポポイナイトミュージアム」概要

  • 企画名:国立アイヌ民族博物館第5回テーマ展示「ウポポイナイトミュージアム」
  • 展示場所:国立アイヌ民族博物館 特別展示室
  • (〒059-0902 北海道白老郡白老町若草町2丁目3番1号)
  • 展示期間:2023年12月23日(土)~2024年2月18日(日)
  • ※月曜日および12月29日(金)~1月3日(水)は休館
  • 入場料(税込):
  • <一般チケット>
  • 【大人】1,200円 (960円)
  • 【高校生】600円(480円)
  • 【中学生以下】無料
  • <年間パスポート>
  • 【大人】2,000円
  • 【高校生】1,000円
  • ※( )は20名以上の団体料金。
  • ※障害者とその介護者各1名は無料です。
  • ※国立アイヌ民族博物館の入館料は、ウポポイ(民族共生象徴空間)の入場料金に含まれます。
  • ※ご入場に際しては、事前にご予約なしで展示を御観覧いただけますが、展示フロア混雑時でも入場できる日時指定の事前予約を推奨しております。
  • HP:https://nam.go.jp/exhibition/floor2/special/night2023/
  • 主催:国立アイヌ民族博物館
  • 特別協力:株式会社エイチ・アイ・エス、株式会社ネイキッド、中西出版株式会社
  • 後援:公益社団法人北海道アイヌ協会