世界肝炎デー 啓発イベント|スペシャルムービー展開 | NAKED, INC. | 株式会社ネイキッド

  • HOME
  • WORKS
  • ORDER
  • 世界肝炎デー 啓発イベント|スペシャルムービー展開
2023.07.10

世界肝炎デー 啓発イベント|スペシャルムービー展開

世界肝炎デー 啓発イベント|スペシャルムービー展開

国際記念日「世界肝炎デー」である2023年7月28日(金)に合わせ、ギリアド・サイエンシズ株式会社(所在地:東京都千代田区)が発信する啓発スペシャルムービーの演出・制作を手掛けます。本イベントは、東京タワー展望台メインデッキ(東京)、中部電力 MIRAI TOWER 90m屋内展望台「スカイデッキ」(名古屋)、世界遺産・二条城(京都)、あべのハルカス展望台「ハルカス300」(大阪)の4会場となります。

「肝炎」への認知・関心がなかった人々にも、体感性あるプロジェクションマッピングのアートで啓発

「世界肝炎デー」は、世界保健機関(WHO)により、2010年、世界的レベルでのウイルス性肝炎のまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消や感染予防の推進を図ることを目的に、毎年7月28日に制定されました。

ギリアド・サイエンシズは、すべての人々にとって、より健康な世界の実現を目指し、30年以上にわたり医療の革新を追求し、飛躍的な進歩を遂げてきたバイオ医薬品企業です。HIV、ウイルス性肝炎、がんなどの生命を脅かす疾患の予防と治療のため、革新的な医薬品の開発に取り組んでいます。

この度、ギリアド・サイエンシズのC型肝炎撲滅への取り組みとその想いに賛同し、「世界肝炎デー」に合わせ、ネイキッドが企画・演出を手掛ける開催地4箇所でのコラボレーションが実現します。C型肝炎治療と健康がもたらす「明るい未来」のイメージを、不変的な生命力、そして生命の美しさの象徴である「花」で表現。キーメッセージである「HCV*感染患者さんは多様でも、ギリアドはそのすべてに答えたい。」を軸に、言葉としてのメッセージのみならず、ネイキッドのプロジェクションマッピングアートで、その想いを体感性のある形で届けます。

本コラボレーションを通して、ギリアド・サイエンシズとネイキッドは、ひとりでも多くの方々に「C型肝炎」について、関心を持っていただく機会を創出することを目指します。

*HCV:C型肝炎ウイルス

「世界肝炎デー」啓発イベント 開催概要

  • 開催期間:2023年7月27日(木)~7月28日(金) *各会場共通

  • イベント会場・開催時間/料金:
  • <東京:東京タワーメインデッキ(150m)>
  • 「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA ~Summer landscape 2023~」イベント内
  • 19:00~22:30(最終入場22:00)
  • ※上記マッピング内で定期的に上映します。
  • ※メインデッキ入場料が必要です

  • <名古屋:中部電力 MIRAI TOWER 90m屋内展望台「スカイデッキ」>
  • 「NAKED夏まつり2023 中部電力 MIRAI TOWER」イベント内
  • 19:30~21:00(最終入場20:40)
  • ※展望台入場料が必要です

  • <京都:二条城>
  • 「NAKED夏まつり2023 世界遺産・二条城」イベント内
  • 18:30~22:00(最終入場21:20)
  • ※イベント入場料が必要です

  • <大阪:あべのハルカス展望台「ハルカス300」>
  • NAKED FIREWORKSイベント内
  • 19:30~22:00(最終入場21:30 上映終了21:50)
  • ※展望台入場料が必要です

  • 演出・制作:NAKED, INC.

  • 特記事項:
  • ※ギリアド・サイエンシズのスペシャルムービーが公開される日程です。
  • ※NAKED, INC. イベントの開催日時はこの限りではありません。
  • ※各会場の詳しい開催概要は下記サイトをご確認ください。
  • ・東京タワー:https://www.tokyotower.co.jp/event/illumination/city-light-fantasia-Summer-landscape-2023/
  • ・中部電力 MIRAI TOWER:http://www.nagoya-tv-tower.co.jp/event/naked2023summer/
  • ・二条城:https://event.naked.works/nijojo/summer/
  • ・あべのハルカス「ハルカス300」:https://www.abenoharukas-300.jp/observatory/index.html