PwC Japan メタバース入社式 | NAKED, INC. | 株式会社ネイキッド

2022.04.25

PwC Japan メタバース入社式

PwC Japan メタバース入社式

4月4日に実施されたPwC Japanグループの入社式において、PwC Japanグループ(東京都千代田区:グループ代表 木村 浩一郎)、クラスター株式会社(東京都品川区:代表取締役CEO 加藤 直人)、および株式会社ヘラルボニー(岩手県盛岡市:代表取締役社長 松田 崇弥)の3社と協業し、メタバース入社式の企画・演出を手掛けました。

メタバースでもエモーショナルな入社式に

本年で6回目となるPwC Japanグループのメタバース入社式。物理的に離れている状態では、なかなかスムーズなコミュニケーションが難しい中、気持ちが通い合う入社式を目指し、新入社員へのメッセージをアートとして体験化することで、気持ちをひとつにするメタバース入社式を企画・演出いたしました。ネイキッドによる花のアートのみならず、最新のメタバースプラットフォームcluster(クラスター)を活用し、ヘラルボニー社の障がいを伴う人たちがさまざまな「異彩」な個性を表現したアート作品を展開。PwC Japanグループが積極的に推進している「テクノロジーと人の融合」や「インクルージョン&ダイバーシティ(I&D)」を明確に打ち出すメタバースに創り上げました。

新入社員が「花」をモチーフとしたアバターを通して「成長」をヴァーチャル体感

今回は、花をモチーフにヴァーチャル体験を設計。新入社員を”種”に見立て、その身にエネルギーを内包した”種”から、一人ひとりが自分らしい花を咲かせられるようにとの願いを込められています。花の種が埋め込まれたシードペーパー(※)でできたインビテーションカードを入社式前に新入社員の手元に配布。参加した約500名の新入社員は、メタバース上に作られたバーチャル空間を進むごとに、種アバター、つぼみアバター、花アバターへと変化します。最後の入社式会場のヴァーチャル空間では、自分の好きな花を選択し、アバターを変化させて入社式に参加しました。
※シードペーパー:紙ゴミとなった古紙を再生し、さまざまなお花の種を漉きこんだ環境にやさしいリサイクルペーパー

ネイキッドでは、今後もメタバースでの表現や新体験を提案していきます。

PwC Japan メタバース入社式
PwC Japan メタバース入社式
PwC Japan メタバース入社式(3)
PwC Japan メタバース入社式(4)

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。 複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,400人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。
https://www.pwc.com/jp/ja.html

クラスター株式会社について(cluster)

誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできるメタバースプラットフォームを展開しています。スマホやPC、VRといった好きなデバイスから数万人 が同時に接続することができ、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化を可能にしています。本リリースの「バーチャル大阪」のほか、渋谷区公認の「バーチャル渋谷」、ポケモンのバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」の制作運営など、メタバースを実現し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供し続けています。
https://www.biz.cluster.mu/

ヘラルボニーについて

ヘラルボニーは「異彩を、 放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニットで、主に知的障害のある作家・福祉施設とライセンス契約を結び、作品のアートデータを軸にファッションやインテリアなどのプロダクトに落とし込むアートライフスタイルブランド「HERALBONY」の運営、建設現場の仮囲いに作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」など、福祉領域の拡張を見据えた多様な事業を展開しています。これらの社会実装を通じて「障害」のイメージ変容と、福祉を起点とした新たな文化の創造を目指しています。
https://www.heralbony.jp/